Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > VW ザ ビートル、1.4Lエンジン搭載のR-ラインを追加

VW ザ ビートル、1.4Lエンジン搭載のR-ラインを追加

カテゴリ: リリース情報 / 2016年11月09日

 
 

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ザ ビートル』に1.4リットルTSIエンジンを搭載した「R-ライン」を追加設定し、11月9日から販売を開始した。価格は294万5000円。

新たに追加するR-ラインは、ザ ビートルシリーズでは限定車以外で初となるブルーモーションテクノロジー搭載の1.4リットルTSIエンジンを採用。優れた走行性能ともに18.3km/リットルの低燃費を実現している。

インテリアは、ザ ビートル 2.0 R-ラインと共通のデザインを採用し、ブラックに統一したクールな空間を演出。エクステリアは、フロントとリヤのバンパーデザインに加え、デュアルエキゾーストパイプやリヤスポイラー、17 インチアルミホイールなどを採用する。

安全機能では、「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」や「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」、ドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を標準装備。コネクティビティでは、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」を標準装備。スマートフォンと接続するだけで、「Mirror Link」「CarPlay」「Android Auto」など、3つの異なる通信プロトコルを利用できる。