Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > スバル WRX STI、新電子制御マルチモードDCCD搭載でハンドリング性能向上

スバル WRX STI、新電子制御マルチモードDCCD搭載でハンドリング性能向上

カテゴリ: リリース情報 / 2017年05月24日

 
 

スバルは、スポーツセダン『WRX STI』の大幅改良モデルを6月20日に発売する。価格はWRX STIが386万6400円、同タイプSが406万0800円。

今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDや新開発ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤなどを採用。走行性能を高めながら、サスペンション設定の最適化等で優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立した。また、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニター、ルーフキャリアブラケットを採用することで、安全性能や実用性も強化した。

エクステリアでは、新デザインのフロントバンパーを採用。インテリアでは、インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネルや運転席&助手席8ウェイパワーシート付レカロフロントシート、9インチ大型カラー液晶のマルチファンクションディスプレイを装備する。