Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 日産 エクストレイル、マイナーチェンジで自動運転技術「プロパイロット」を搭載

日産 エクストレイル、マイナーチェンジで自動運転技術「プロパイロット」を搭載

カテゴリ: リリース情報 / 2017年06月08日

 
 

日産自動車は、ミドルクラスSUV『エクストレイル』をマイナーチェンジし、6月8日より販売を開始した。価格は219万7800円から309万8520円。

今回のマイナーチェンジでは、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、高速道路における渋滞走行と長時間巡航をサポートする。プロパイロットの搭載は、昨年8月にフルモデルチェンジした『セレナ』に続き2車種目となる。

エクステリアでは、「Vモーション」を拡大し、グリルからエンジンフードへとキャラクターラインを連続させることで、よりタフさを表現。インテリアでは、インストルメントパネルやステアリングのデザインを一新し、ワンランク上の上質感を実現した。

そのほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアを開閉できる、ハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」の新採用や、「インテリジェント パーキングアシスト」の性能向上により、利便性を高めた。